アセスメント事業

英語教育の両雄、ケンブリッジ大学とミシガン大学が設立した
英語教育専門機関「CaMLA(カムラ)」とのパートナーシップ

英語教育の両雄、ケンブリッジ大学とミシガン大学が設立した英語教育専門機関「CaMLA(カムラ)」と日本におけるパートナーシップを結び、国際基準の英語能力ガイドライン「CEFR*」に準拠したテスト「MELAB」などを日本およびアジアの教育機関(幼小中高大学)、政府機関、語学学校・塾並びに企業に提供します。

*CEFR…ヨーロッパ全体で外国語の学習者の習得状況を示す際に用いられるガイドライン。

Listening, Reading, Writing, Speakingの4技能からなる目的・シーンに応じた3つのテスト

CaMLAのテストのうち、日本の英語教育に特に必要と考えられる「MELAB」「met」「YLTE」の3種類をご用意しています。

MELAB

アメリカ、カナダ、イギリスなど授業が主として英語で行われている国の大学留学への英語力証明として認定されている4技能テストで、ハーバード大学、マサチューセッツ工科大学、イェール大学、オックスフォード大学をはじめ米国で527大学、その他の国で約300大学に留学を目的とした英語力の認証用のテストとして認定されています。

met

中学生から社会人までを対象として、日常的な場面や駅やデパート等の公共の場、職場・学校などで使われる言語を中心に基本的なコミュニケーションができるかを測定します。
Listening, Reading, Writing, Speakingからなる4技能のテストです。

YLTE

小学校低学年から中学校までの早期学習者、初級者を対象とした4技能(Listening, Reading, Writing, Speaking)英語テストです。
生徒にとってなじみの深い生活言語、および動植物や学校の教室場面での英語が出題され、また、Reading, Writingでは英語で読んだ質問に書いて答えるなど、技能をまたがる能力を測定するようになっています。