会社情報

会社概要

会社名 株式会社GLOBAL VISION
所在地 【本社】
東京都新宿区西新宿1-13-12 西新宿昭和ビル10F
TEL 03-5909-1886
FAX 03-5909-1887
【米国オフィス】
623 Post Road, Warwick, RI 02888 U.S.A.
Telephone +1-508-631-3502
代表者 代表取締役社長 田中 良一

経営陣略歴紹介

田中 良一

田中 良一

代表取締役社長

  • 九州大学理学部卒
  • 1981 福武書店入社(現ベネッセコーポレーション)
  • 1990 ベネッセコーポレーション北米支社長
  • 1996 規制緩和による保育事業
  • 2000 ベルリッツ 米国本社副社長
  • 2004 ベルリッツジャパン株式会社社長、アジア統括
    GTEC(Global Tests of English Communication)事業立ち上げ
  • 2005 株式会社アビバ副社長
  • 2010 株式会社アビバ社長
  • 2014 株式会社リンクアカデミー社長
  • 2015 株式会社GLOBAL VISION 代表取締役社長 兼 L Labs Inc.会長
佐々木 裕子

佐々木 裕子

取締役

  • 大阪大学卒
  • リクルート入社後、営業、経営企画を担当。
  • 1990 株式会社成基 専務取締役に就任。
    個別指導教室・野外活動・幼児教育など様々な分野に事業を拡大。
    また、幼児向け学習教育や保護者を対象としたコーチング、英語での学童保育事業など情操教育分野における新たな展開を推進。
  • 2015 株式会社GLOBAL VISION 取締役就任
吉井 英雄

吉井 英雄

監査役

  • 同志社大学経済学部卒
    公認会計士(日本・米国)、税理士
  • 1981~1988 プライス ウオーターハウス(PW=英国系監査法人)大阪
  • 1988~1993 PW英国ロンドン&バーミンガム(日本企業部マネジャー)
  • 1993~1996 PW東京(国際事業開発室ディレクター)
  • 1996~1998 PWバンコック(日本企業部ディレクター)
  • 1998~2000 PwCファイナンシャル・アドバイザリー・サービス(ディレクター)
  • 2000~現在  公認会計士 吉井英雄事務所(所在地:京都)
  • PWにおいては、8年間に及ぶ海外駐在(英国、タイ)を含め、日本企業の海外事業支援、国際税務業務、クロスボーダーM&A支援、マルチナショナル企業の会計監査など、主として国際関連業務に従事した。
  • 2000年の開業後は、京都をベースに、PWでの経験を活かし、海外事業支援、M&A支援、事業再編支援などをメインにしながら、伝統文化経営支援も含めた幅広い財務アドバイザリー業務に従事している。
西村 和雄

西村 和雄

社外取締役

  • 東京大学卒
    チェスター大学大学院博士課程(Ph.D)修了
  • 1978 東京都立大学経済学部 助教授
  • 1979 ニューヨーク州立大学 客員助教授
  • 1983 南カリフォルニア大学 客員准教授
  • 1987 京都大学経済研究所 教授
  • 2000 パリ大学 客員教授
  • 2000 日本経済学会 会長
  • 2006 京都大学経済研究所 所長
  • 2008 米国サンタフェ研究所特任 教授
  • 2010 京都大学経済研究所 特任教授、名誉教授
  • 2012 日本学士院会員
  • 2013 神戸大学社会科学系教育研究府 特命教授
  • 2016 神戸大学社会システムイノベーションセンター 特命教授
  • 日本数学会第1回出版賞(2005)
    エックス・マルセーユ第Ⅱ大学名誉博士(2007)
    第51回日経・経済図書文化賞(2008)
    京都新聞大賞「文化学術賞」(2010)
    紫綬褒章(2012)など受章多数。
村上 憲郎

村上 憲郎

社外取締役

  • 京都大学工学部卒
  • 1970 日立電子でミニコンのSEとしてキャリアをスタート
  • 1978 Digital Equipment Corporation(DEC)Japanに転社
  • 1986 DEC米国本社人工知能技術センターに転勤
  • 1991 DEC Japanに帰任。取締役企画本部長
  • 1994 Informix米国本社副社長兼 Informix Japan 代表取締役社長
  • 1997 Northern Telecom Japan 社長兼最高経営責任者
  • 1998 Nortel Networks Japan 社長兼最高経営責任者
  • 2001 Docent Japan 設立、社長就任
  • 2003 Google米国本社 副社長 兼Google Japan 代表取締役社長
  • 2009 同社 名誉会長
  • 2011 株式会社村上憲郎事務所 代表取締役(現任)
  • 2014 株式会社エナリス 代表取締役社長
  • 2016 株式会社エナリス 代表取締役会長(現任)
佐々木 喜一

佐々木 喜一

アドバイザー

  • 同志社大学文学部卒
  • 大手金融会社、出版社立ち上げを経て、1987年、成基学園理事長に就任。
    従来の集団教育だけでなく個別指導教室・野外活動・幼児教育など様々な分野に事業を広め、就任当時5教場だった会社を138教場のグループ会社に成長させた。
  • 1995年から、教育関係者の研修でいち早くコーチングの有用性を提唱して、アメリカのコーチングメソッドと様々な独自能力を融合して教育コーチングとして完成。
    文部科学省から2年間研究会委員としてコーチングメソッドの体系化に貢献する。
    独自開発した教育コーチングを学んだ教育関係者は、10万人を超え、個人として教育コーチング資格取得者も5万人、コーチングメソッドを導入している団体も1,000校舎を超えている。
    以上の普及活動を通して傾聴、質問、承認のメソッドで学んだ生徒数も累計100万人をゆうに超える。
  • 2013年1月より、安倍首相直属の教育再生実行会議有識者委員15名のひとりとして、安倍内閣が最重要課題として位置付ける様々な教育改革に携わる。
    また、教育再生実行アドバイザーとしても、実行会議の提言を全国の教育機関に広める活動をしている。
  • 2015年3月から、一般社団法人志教育プロジェクト副理事長に就任。
    世界200か国、日本1,500市町村で志教育の普及に務めるべく活動をしている。

グローバル教育研究所 研究員略歴紹介

山下 仁司

山下 仁司

アドバイザリー・フェロー

  • 大阪大学卒
  • 1983 福武書店入社(現ベネッセコーポレーション)
  • 1991 スタディ・サポート開発(年間延べ400万人が受験するアセスメント)
  • 1992 ニューライフゼミ 英語編集長
  • 1996 ベルリッツ出向(アイルランド・シンガポール)
  • 1999 GTEC for Students 担当課長
  • 2001 国際教育事業部長
  • 2003 GTEC開発統括
  • 2005 GTEC開発統括兼ベルリッツ・ジャパン 取締役
  • 2006 ベネッセ教育総合研究所 主席研究員
  • 2015 教育的高大接続研究所 代表
    ベネッセ教育総研 特任研究員
    進研アド 顧問
  • 2016 大阪大学 高等教育・入試研究開発センター 教授
東 淳一

東 淳一

アドバイザリー・フェロー

  • 神戸市外国語大学英米学科卒
    兵庫教育大学大学院修士課程修了(教育学修士)
  • 1976 兵庫県立高等学校 教諭(兵庫県立長田高等学校など)
  • 1988 賢明女子学院短期大学 英語科講師
  • 1993 流通科学大学商学部 助教授
  • 1996 流通科学大学商学部 教授
  • 1998 オーストリア国立グラーツ工科大学IICM(Institut für Informationssysteme und Computer Medien) 客員研究員
  • 2012 順天堂大学医学部一般教育・外国語研究室 教授
  • 2015 神戸学院大学グローバル・コミュニケーション学部 教授
  • 2017 神戸学院大学グローバル・コミュニケーション学部 学部長
  • 専門は応用言語学(外国語教育におけるメディア利用)、音声学、メディア学。
    現在の研究テーマは、日本語と英語の韻律的特徴の比較研究、および災害時を想定したユニバーサルなシンボル言語の構築。
金丸 敏幸

金丸 敏幸

アドバイザリー・フェロー

  • 京都大学総合人間学部卒
    京都大学大学院人間・環境学研究科修士課程修了
    京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了
  • 2007 京都大学大学院人間・環境学研究科 助教
  • 2009 京都大学博士(人間・環境学) 取得
  • 2014 京都大学国際高等教育院附属国際学術言語教育センター 准教授
  • 2016 株式会社GLOBAL VISION アドバイザリー・フェロー就任
  • FIT2005(情報科学技術フォーラム)論文賞(2005)、大学英語教育学会(JACET)賞実践賞(2011)受賞
  • 専門は、理論言語学・自然言語処理・言語教育学。
    京都大学での共通教育英語のカリキュラム改革に携わる。
    京都大学の新入生全員が利用するe-Learningシステム「GORILLA」を開発し、その運用に携わる。
反田 任

反田 任

アドバイザリー・フェロー

  • 同志社中学校・高等学校 英語科教諭
    同志社大学文学部英文学科卒業
  • ICTを活用しながら、知識、語学力、思考力、コミュニケーション能力をつける発信型の英語教育をめざしている。
  • 2015年度、2016年度文部科学省「ICTを活用した教育推進自治体応援事業」企画・評価会議委員。
  • 2008年度、2012年度、2015年度一般財団法人日本私学教育研究所委託研究員。
  • 研究テーマには「eラーニングによる自主的な学びと学習指導」「ICTを活用した英語授業モデルの実践と検証」(日本私学教育研究所研究紀要)がある。
  • また「iTeachers(教育ICTを通じて「新しい学び」を提案する教育者チーム)」のメンバーでもある。
  • Apple Distinguished Educator Class of 2015 Intel Master Teacher