異次元の英語学習プログラムで
創造的思考力を育む
STEAM英語教室

世界で活躍できる
グローバル人財をめざすために

VRとARを活用した英語学習プログラム
2020年春 小学生対象 ”April” 開講
「創造力」を英語「で」学ぶ 異次元の英語学習
STEAM型 Project Based Learning

Our Mission STEAM English Academyがめざすのは、
世界をリードする
STEAM型グローバル人財の創出です

STEAM型GLOBAL人財とは、正解も不正解もない社会課題に対して、今までにない革新的な解答をめざす「創造力」を持った世界市民のことです。

科学(Science)、技術(Technology)、工学(Engineering)、アート(Arts)、数学(Mathematics) という5つの幅広い知識を持ち、 それらの領域を自由に行き来し、世界中の人々とコミュニケーションを取りながら問題解決の方法を考えるトレーニングをすることで 「創造力」は育成できるのです。

Our Mission
Movie : 1:07:00

学びの特長 英語「で」創造的思考力を育む

これまでの英語学習では、文法を学び、文章を読解することに授業のほとんどを割いてきました。 しかしSTEAM English Academyでは、授業時間に単語の意味を答えたり文章を解析することはしません。

これらの基礎知識はAR、VRなどを活用したオンライン学習を通して効率的に身につけます。

受験対策や試験結果だけを求めるのではない、長期的な観点での学びの道を歩むことが求められています。 自己表現能力を豊かにし、思考力を強化するDesign Thinkingの能力を英語「で」培うメソッドがここにあるのです。

学びの特長
Movie : 0:49:00

世界で活躍できる
STEAM人財とは 21st century human assets

STEAMとは、Science(科学)・Technology(技術)・Engineering(ものづくり)・Art(芸術)・Mathematics(数学)の 5つの単語の頭文字を組み合わせた造語です。 これら5つの領域を自由に行き来しながら知識を獲得するとともに、論理的思考力や創造性、コミュニケーション能力、問題解決能力を育んでいくことを目標としています

今、狩猟型社会(Society1.0)、農耕社会(Society2.0)、工業社会(Society3.0)、情報化社会(Society4.0)に続く第5フェーズ、「超スマート社会(Society5.0)」へと、 世界は新たな社会発展の段階に差しかかり、第4次産業革命の時代が目前に迫っています。

IT化によって複雑化した社会においては、これまで重視されてきた学力などのハードスキル以上に、 コミュニケーション能力や分析力、問題解決力やチームビルディングといったソフトスキルを身につけることが重要だと言われるようになりました。

変化の激しい社会だからこそ、その都度学び、他者と恊働しながら、昨日とは違う今日の答えを模索しながら、新たな価値を生み出していく力を身に付けることが重要なのです。

Movie : 5:29:00

top