Our Mission 「創造力」を英語「で」学ぶ

Principle and Methodology

STEAM English Academyは、Google米国本社副社長 兼 Google Japanの代表取締役社長、名誉会長を歴任した、 Global Visionの村上憲郎名誉会長が提唱する英語学習法を「Principle」と位置付けています。

受験対策や試験の得点アップのために、英語「を」学ぶ時代は終わりました。
これからのグローバル社会で活躍するためには、母国語である「国語」以外の科目を英語「で」学び、 知識とともに「創造的思考力」を持つことが重要です。

世界は今後さらにグローバル化が進み、日本人が国内外で活躍する機会はますます増えると予測されます。STEAM English Academyは、日本の英語教育の問題点を解決し、世界で活躍するために不可欠な英語能力の習得を支援します。学習者の成功体験の機会を提供し、英語「で」グローバル社会にはばたく人を応援していきます。

STEAM 英語教室

村上 憲郎 名誉会長Principle

グローバル社会で活躍するためには、高等教育課程にある人や社会人は、 もはや日本の大学受験をGOALとした英語学習ではなく、また、英語試験の点数を上げるというような安直なものではなく、 母国語である「国語」以外の科目を英語「で」学ぶ必要があるのです。

STEAM English Academyは、「創造力」を英語「で」学ぶことができるカリキュラムを提供します。

村上 憲郎 名誉会長

英語「で」Design Thinking Methodology Chungdam Learning

Global Visionは、「村上Principle」を実現する方法を模索してきました。 そこで出会ったのが、世界で10万人を超える英語学習者を抱え、成功を収めているチョンダムラーニングです。

これまでの英語学習では、文法を学び、文章を読解することに授業時間のほとんどを割いてきました。 しかし、STEAM English Academyでは、授業時間に単語の意味を答えたり文章を解析することはしません。 これらの基礎知識はAR、VRなどを活用したオンライン学習を通して身につけます。

受験対策や試験結果だけを求めるのではない、長期的な観点での学びの道を歩むことが求められています。 自己表現能力を豊かにし、思考力を強化するDesign Thinkingの能力を英語「で」培うメソッドがここにあるのです。

英語教育にもデザインシンキングを

日本人の英語能力は、TOEFL iBT®の成績ランキングでみれば、アジア36か国の中で34位(平均スコア71点)と、 アジア主要国家の中では最下位となっています。

グローバル化が急速に進展する世界で、日本人の活躍の場を広げるためには、英語能力を改善することが喫緊の課題となっています。 世界をリードするSTEAM型GLOBAL人財の創出のために 「異次元の英語学習コンテンツ」を提供していくことがGlobal Visionの使命だと考えています。

小学生・子どもの英語学習教室STEAM English Academy
2020年開講クラス

Seedbed 1 (初級クラス)
未経験の方を対象とするPhonics中心のコース
Seedbed 2 (中級クラス)
週1~2回のレッスンを1~2年経験された方に向けたコース
Seed 1 (上級クラス)
プリスクール卒園生、帰国子女を対象としたコース
募集学年
年長~小学校3年生
講師
長時間の講師トレーニングを受け、TESOLに相当する英語教授法を習得した、有資格のネイティブスピーカーバイリンガル講師のみが、授業を担当します。

top