NEWSSTEAM English Academy NEWS

アメリカ便り

日本とアメリカのバレンタインデーの違い(ホワイトデーは日本だけ!):Happy Valentine's Day♡

2月14日といえばバレンタインデー。日本では女性から好きな男性へチョコレートをプレゼントするのが習慣になっていますね。職場でお世話になっている男性にチョコレートをプレゼントしたりもします。また、3月14日には、男性がチョコレートをくれた女性にお返しをすることになっていますが、このホワイトデーというのは日本にしかないことをご存じでしたか?

バレンタインデーは、聖バレンタインデーとも呼ばれ、恋人たちが挨拶や贈り物で愛情を表現する祝日(2月14日)です。バレンタインデーの起源は、2月中旬に行われるローマ帝国の祭礼「ルペルカリア」にあると言われています。この祭りは春の訪れを祝うもので、豊穣の儀式や、くじ引きで女性と男性を引き合わせることなどが行われていました。

5世紀末にローマ教皇ゲラシウス1世がルペルカリアを禁じ、バレンタインデーに置き換えたとされるという説もありますが、その起源は定かではありません。バレンタインデーが恋愛の日として祝われるようになったのは、14世紀頃と言われています。

このように発祥の地はイタリアですが、いまや世界中に広まっている2月14日のバレンタインデー、アメリカではどのように過ごすのでしょうか。日本との違いを4つのポイントにまとめてご説明します。


① 誰が
アメリカでは男性から女性へプレゼントをするのが一般的ですが、女性から男性へプレゼントすることもあります。

②誰に
夫から妻へ、ボーイフレンドからガールフレンドへプレゼントするだけではなく、父親から娘へプレゼントすることもあれば、職場で上司から部下へプレゼントすることもあります。

③プレゼントの種類
花束、カード、キャンディが最も一般的ですが、ジュエリー、ディナーなど様々です。必ずしもチョコレートとは限りません。

④ 「お返し」はなし
バレンタインデーに何かプレゼントされても、それに対する「お返し」をする習慣はありません。


また、バレンタインに伴いアメリカの学校では、愛情や友情をテーマとしたアクティビティを行ったり、友達の間でカードを交換したりします。なかには、ダンスパーティやバレンタイン・コンサートを行う学校もあります。

今月のSTEAM English Academyでは春の新学期に向けて、無料体験教室を随時行っています。確実に英語力がつくカリキュラムと楽しく学べるプログラムをぜひお試しください。では、STEAM English Academyでお会いしましょう!

藤原和博氏セミナー「親は子供に何を残せるのか」 オンラインで受講できる英国のインターナショナルスクールNisai

top